トレンドアフィリエイト

【2019】グーグルアドセンス審査に受かるブログの作り方|落ちる理由を理解しよう

  • グーグルアドセンスを始めたいけど、どうやって審査用ブログを作成すればいいの?
  • グーグルアドセンスに受かるまでの手順は?
  • グーグルアドセンスの審査に1回で合格するためのやり方はあるの?
  • グーグルアドセンスの審査に落ちたらどうすれば・・?

 

このような疑問を解決する内容になっています。

 

この記事を読めば、グーグルアドセンスの審査用ブログを作成する力を身に着けることができるようになり、審査用ブログの申請方法までわかりますよ。

 

私が実際にグーグルアドセンス審査に1回で合格した内容を詰め込んでいますので、ぜひ一歩ずつグーグルアドセンスの審査用ブログを作成してみてくださいね。

 

なな(2児ママ)
なな(2児ママ)
グーグルアドセンスの審査は、初心者から受ける人も多いので臆せず挑戦してみてくださいね!

 

グーグルアドセンスの審査に受かるブログの作り方|落ちるブログを作らない

グーグルアドセンスの審査に受かるブログを作るためには、落ちるブログの特徴を知ることで合格の道へ近づくことが出来ます。

 

まず、アドセンスアカウントを有効に出来ない理由が「AdSenseヘルプ」に記載があるので、審査に出す前に熟読し、「google側がどんなサイトを求めているのか」理解することが大切です。

アドセンス広告を使ってブログの運営を始めてからも注意すべき事柄が記載されています。


まだ読んでいない方は、熟読してからアドセンス審査のための準備に入ることで、何度も審査に落とされる手間を省け、かつgoogleについての理解を増やすことが出来ます。
AdSenseヘルプをチェックする

 

「必ず合格する」という100%確実なやり方はgoogle以外わからないことですが、「審査に落ちる」サイトの特徴は、調べればわかりますので留意することで避けることができますよ。

 

グーグルアドセンスの審査に落ちたサイトの例

  1. プロフィールやお問い合わせフォームがない
  2. 記事数や文字数が少ない
  3. 無料ブログでの申請

 

このようにgoogle審査に落ちた例がありますし、他にも落ちた理由はさまざまです。

コンテンツが充実していれば少ない記事数でも合格している事例もあります。

しかし、以前から審査が厳しかったわけではありません。

今求められている文字数より少ない文字数でもアドセンス審査に合格する時代もありました。

 

その簡単だった審査が厳しくなったのには理由があるはずです。

公にはされていませんが、「コンテンツの質を保つため」だと思っています。

広告主が掲載したいのは質の良いサイトの方が嬉しいですよね。

質の良悪関係なしにたくさんのサイトが存在してしまうと、読者に有益なコンテンツでないサイトも増える可能性があります。

そして、悪質なサイトが稼ぐシステムとして悪用される可能性だってありますよね。

 

ですので、審査が厳しくなった理由を理解する努力をしその上でアドセンスを利用して読者の視点で充実した記事を書いてくれる人が求められています。

しかしこれは嬉しいことでもありますよ。

アドセンスに合格する人が限られてくるので、ライバルが増えづらくなりますし、ビジネスを進めやすくなります。

 

ですので、自分本位ではなく読者の視点を考えた充実した記事を書く気持ちと努力があれば、審査合格へ一歩近づけるはずです。

グーグルアドセンスの審査に落ちる理由を理解出来たら、早速グーグルアドセンス審査用ブログを準備していきましょう。

 

グーグルアドセンス審査用ブログ【入門編】

グーグルアドセンス審査用ブログを書き進める前に準備することがいくつかあります。

<ワードプレスでブログを用意>

  • 共用サーバー、独自ドメインの契約
  • ワードプレスをインストール
  • ワードプレスのテーマ
  • プロフィールとお問い合わせフォームの設置

 

グーグルアドセンス審査用のブログを書き進める前に上記について済ましておきましょう。

 

グーグルアドセンス審査用ブログ【実践】

いよいよブログを書いていきます。

といっても日記のような文章ではまず審査に通りません。

なぜなら、googleが求める良質なサイト・読者に有益な情報を与えるコンテンツではないからです。

 

ではまず何からやればいいのかというと、

 

テーマやカテゴリを決める

 

まずここから始めていきます。

ここをしっかり決めることが出来れば、後は記事を増やしていくだけですので好きなテーマを決めてください。

では1つずつ具体的に説明していきますね。

 

①テーマやカテゴリを決めよう

テーマというのは大きな題材、カテゴリというのは分類したものになります。

 

<テーマ例>

  • スポーツ
  • 趣味
  • グルメ

 

例えばテーマを「グルメ」にした場合、「カテゴリ」は「和食・洋食・中華・スイーツ」に分類することができます。

 

<カテゴリーの設定方法>

  1. wordpressの「投稿」→「カテゴリ」を押します。
  2. 新規カテゴリーを追加にある「名前」の欄にカテゴリー名を入力し「新規カテゴリーを追加」を押します。

 

googleポリシー違反となるテーマはNG

→アダルト、お酒、タバコなど

美容・ダイエット・健康も×
→薬機法に抵触する可能性があったり、人によって効果が異なる情報は問題となる可能性があります

 

②記事を書く前に留意しておきたいこと

アドセンス審査の申請のため記事を書いていきますが、年々審査は厳しくなってきているので、下記については留意しておいたほうが良いでしょう。

 

②-1.記事数:10記事以上

「8記事で審査に通った」という方もいますし、10記事以上書けば必ず受かるという事でもありません。

 

その反面、「かなり力を入れて記事を作成したのにも関わらず審査に落ちてしまった・・」という声もありますので、まずはgoogleアドセンスのポリシーに違反しない内容で、独自性・充実性のある記事を増やしていきましょう。

 

具体性のある中身の濃い記事で独自性がある場合、少ない記事数でも合格する事例もありますので、自信がある方は試してみてください。

 

②-2.文字数:1500字以上

文字数は多ければ多いほど良いでしょう。絶対にコビペは厳禁です。

一昔前は数百文字で審査合格なんて時代もあったようですが、今の時代は記事の具体性や独自性は非常に大切です。

 

ただ、日記のような文章にならないように気を付けてください。

といっても、そこまで難しいことではないですよ。

日記にならないためには、知りたい人に教える気持ちをもって記事を作成してみると良いと思います。

例えば「離乳食」というテーマで書く場合

  • 注意する点
  • 時短になる方法
  • 月齢に合わせた食材のかたさの目安
  • 赤ちゃんが体調悪いときにおすすめのメニュー

 

このように、知りたい人が参考になるような内容を入れてあげることで有益な情報があるコンテンツとなりますよ。

 

②-3.タイトルは20字~32字

タイトルは20字~32字で作成してください。

タイトルが短すぎる場合、審査に受からないこともあります。

 

×短すぎるタイトル

→大人メニューから取り分けて簡単離乳食

 

タイトル28字

→子供ご飯を簡単時短術!大人メニューから取り分ける方法は?

 

違いは一目瞭然ですよね。

時間をかけてこだわったタイトルにする必要はありませんが、記事の内容に合っていて読者の興味を惹くタイトル作成を目指してください。

 

②-4.カテゴリーごとに同じ記事数を作成する

私の場合ですが、カテゴリーを5つ作成しそれぞれについて3つずつ記事を書き合格しています。

<テーマ「グルメ」のカテゴリー例>

和食3記事、洋食3記事、中華3記事 など。

 

 

②-5.「見出し2」を2-3回使う

「見出し2」を使って文章構造をわかりやすくしてあげると読者が読みやすくなります。

 

 

<見出し2の使用例>

「中華」のお店について書く場合

  1. 「店名」についての基本情報
  2. 「店名」のココがおすすめ!
  3. まとめ

 

サイトによって「見出し2」「見出し3」のデザインは異なりますが、例のように見出しを作り、記事を書き進めてみてください。

 

②-6.その他やっておくと良いこと

  • 文字の装飾(多すぎない程度に)
  • 記事のアイキャッチ画像(フリー素材のもの)

 

アイキャッチ画像とは、記事を開いた時に一番上に表示される画像です。

アイキャッチ画像を設置する際、フリー素材のものを使用してくださいね。

ちなみに私は、いらすとやから探していました。

検索ワードを入れるだけで画像を探せるので、使い方も簡単ですよ。

 

グーグルアドセンスの申請方法

記事が作成できたら、グーグルアドセンスに申請します。

申請する前に、やり忘れていることはないか再確認を行ってください

▼▼

  • Googleアカウントを持っているか
  • お問い合わせ、プロフィール、プライバシーポリシーを設置しているか

 

確認が済んだら審査用のブログを申請していきましょう。

<アドセンスの申請方法>

  1. 「アドセンス」で検索→「Google AdSence」を開く
  2. 「申し込みはこちら」をクリック→ログイン画面へ
  3. ログインしたら審査に出すサイトのURLを入力し、その他メールアドレス等必要な情報を入力したら、「保存して次へ」
  4. ページ内、下の方に進み言語を選択する
  5. さらに下にある「利用規約」に目を通しチェックをする
  6. 「アカウント」を作成を押す
  7. 「~アカウントをすでにお持ちです。今すぐご利用いただけます」が出てくるので、「閉じる」を押す
  8. 続いて、次のページであなたの住所を入力し「送信」を押す
  9. ショートメッセージか通話を選ぶ
  10. ⑨で選んだ方法で通知された6桁のコードを入力し送信
  11. 次のページを押す
  12. 「サイトをAdSenceにリンク」にあるコードをコピーし、ワードプレスの画面に貼り付ける(
  13. 「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れて完了

 

⑫「コードをワードプレスの画面に貼り付ける」方法

  1. 外観 をクリック
  2. テーマエディタ(テーマの編集)をクリック
  3. 右側にあるテーマファイルの中から「テーマヘッダー」をクリック
  4. 文字列(上の画像内3行目)の中にある<head>から下に改行を入れる →コピーしたコードを貼る
  5. ファイルを更新

 

改行を入れる際、他の文字列を間違えて削除し更新してしないように注意してください。

 

グーグルアドセンスの審査に受からなかったら

グーグルアドセンス審査に受からなかったら、再度申請する前になぜ審査に落ちたのか理由を理解しましょう。

 

グーグルから評価されていない点があるということは、読者の視点でサイト構築が出来ていない点があるということです。

グーグルアドセンスの審査では「アドセンス広告を掲載して問題のないサイトなのか」をチェックしています。

 

コンテンツに問題がある場合、充実した記事になるよう「ほかに有益な情報はないか」探してみてください。

内容の薄い記事よりも、誰にも負けないくらい記事内容を充実させた方が、google側からの評価も高まります。

 

なな(2児ママ)
なな(2児ママ)
初めのうちはあなた自身が「こんなブログ読みたたい」と思えるブログを参考にしてみてもいいですね

 

まとめ

落ちた例を参考にグーグルアドセンス審査に受かるブログの作り方を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ここまで説明してきましたが、googleアドセンス合格までの全体像はこのようになっています。

  1. ワードプレスで審査用ブログの準備
  2. 記事のテーマを決める
  3. googleやユーザー目線で記事を書く
  4. アドセンス申請

 

ざっくりというと、このような流れになっています。

グーグルアドセンスの審査にもし落ちても、コンテンツの見直しを行いない再度申請が出来ますので、googleアドセンスが求めるサイトに近づける努力を続けてくださいね。

 

Selfish Style「幸せと笑顔を日常に。」

うさなな