ツール

グーグルサーチコンソール登録のやり方とmixhostでDNSレコードドメイン所有権の確認方法【2019】

Google Seach Consoleとは、SEO解析ツールでグーグルの無料サービスです。

サイトのSEO対策をするというのは、グーグルからの評価を上げて適切な検索順位に反映されるということなので、ブログを運営していく人なら必ず利用したいツールの一つになります。

 

グーグルサーチコンソールの登録方法は、エックスサーバーでのやり方はわかりやすいですがmixhostは少しわかりづらいため、画像付きでわかりやすく解説していきますよ。

また簡単な使い方も一緒に解説していくので、ぜひ活用してみてください。

なな(2児ママ)
なな(2児ママ)
作業時間の目安は15分程度ですので、時間が取れるときに登録を済ましてしまいましょう。

 

【2019年】グーグルサーチコンソールの登録のやり方

サチコと呼ばれることもあるGoogle Seach Consoleは、SEO対策には必要不可欠なツールです。

合わせてGoogleアナリティクスを利用する人も多いですが、最初はGoogle Seach Consoleとの違いがよく分からない人もいるみたいですね。

Googleアナリティクスは、googleが無料で提供するウェブページのアクセス解析サービスと言われています。
サイト訪問者がどの記事をどのくらいの時間閲覧しているのかなど、読者の動向がわかります。

 

一方でGoogle Seach Consoleは、サイトを適切な結果で反映するのに役立つ無料サービスです。

読者がどんな検索キーワードを使用しているのか」「インデックス登録状況」
「googleからのペナルティや警告がないか確認」などを行うことが出来るので、必ず使えるようにしたいツールです。

 

それではさっそくGoogle Seach Console登録のやり方を確認していきましょう。

STEP① Google Seach Console登録方法

  1. Google Seach Consoleにアクセスする
  2. 「ドメイン」or「URLプレフィックス」を入力する画面が表示されたら、「ドメイン」の方に登録するサイトのドメインを入力
  3. 「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」が表示されたら、コードをコピーする。
    確認ボタンはまだ押さないでください。

 

STEP② mixhostにコードを貼り付ける

①mixhostの「cPanel」画面からログインする

 

②下の方にスクロールし、ドメインカテゴリーの中にある「Zone Editor」をクリック

 



③登録するドメインの「管理」をクリック

 

④「レコード追加」ボタンの横にあるドロップダウンボタンをクリックし、「Add TXT Record」を選択

 


⑤名前の欄には「ドメイン」、レコード欄には先ほどコピーしたコードを貼り付け、「レコードの追加」ボタンをクリック

⑥STEP1-③に戻り、「確認」ボタンをクリック

⑦「所有権を確認しました」が表示されたら、設定完了

「確認されませんでした」と表示される場合がありますので、数十分後に再度「確認」ボタンをクリックしてみてください。

 

グーグルサーチコンソールの設定が完了したら、サイトマップを送信することでより早く検索エンジンにコンテンツを知ってもらいやすくなりますよ。

グーグルサーチコンソールの設定と一緒にこちらも済ましておくことをおすすめします。

サイトマップの作り方|Google XML Sitemaps(プラグイン)で手軽に作成しようサイトマップとは、地図のようにサイト全体を見やすくまとめているページのことです。 サイトを閲覧するときに、地図のようにサイト全体を把握...

 

グーグルサーチコンソールの使い方

続いてグーグルサーチコンソールの使い方について確認していきましょう。

主に私がよく使う機能はこの3つです。

  1. URL検査
  2. 検索パフォーマンスの検索結果
  3. 外部リンクの確認

 

1つずつ解説していきますね。

①URL検査からインデックス登録

記事を書いたり更新した時には、クローラーというロボットにインデックス登録をしてもらい検索結果に反映させます。

URL検査をしなくても検索結果に反映されますが、こちらから手動でお知らせすることですぐに見つけてもらう事ができます。

 

やり方は簡単です。

  1. インデックスしたい記事のURLあらかじめコピーしておき、上の画像にある検索窓に貼り付けて「ENTERキー」を押下
  2. 「URLがGoogleに登録されていません」と表示されたら「インデックス登録をリクエスト」をクリック
  3. 「インデックス登録をリクエスト済み」が表示されたらOKをクリック

 

②検索パフォーマンス

グーグルサーチコンソールの左の項目にある「検索パフォーマンス」の中の「検索結果」は、様々な情報がまるわかりとなる便利なページです。

  • 平均CTR →検索表示されたうち、クリックされた割合
  • 平均掲載順位 →キーワードで検索されたときの平均順位
  • 検索キーワード →読者が検索したキーワード

 

このような情報をこのページだけで確認することが出来ます。

さらに詳しく知りたい箇所をクリックすることで、より詳しい情報がわかりますよ。

 

③外部リンクの確認

グーグルサーチコンソールの左の項目から「リンク」をクリックすると、外部リンクと内部リンクが表示されます。

外部リンクに表示されているURLをクリックすると、リンクしている相手サイトがわかります。

ちなみに内部リンクは自分のリンクの状況がわかりますよ。

 

まとめ

2019年版グーグルサーチコンソール登録のやり方とmixhostでDNSレコードドメイン所有権の確認方法をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

グーグルサーチコンソールはSEO対策に必須ツールなので、ぜひ登録し活用してみてくださいね。

 

Selfish Style「幸せと笑顔を日常に。」

うさなな